小出恵介不起訴でハニートラップの呪縛脱出へ。相手のインスタグラムに見る『諸事情』

この記事は3分で読めます

小出恵介さんの不起訴が決定しました。今年5月に17歳の少女に関する大阪府青少年健全育成条例違反の疑いでの書類送検に関して判断がくだされました。小出恵介さんのパブリックイメージとかけ離れた問題だっただけに大きな衝撃が走りました。不起訴が決定した判断の背景にあった『諸事情』を探ります。

スポンサーリンク


小出恵介不起訴 ハニートラップの背景の諸事情

小出恵介さんが不起訴になり、本人は勿論のことホッとしているファンや関係者が多いことでしょう。『大阪府青少年健全育成条例違反』の疑いで書類送検されていましたが、事件関連の報道を見てこの条例違反に価するのかと思って見ていただけに今回の不起訴は納得できる判断だったと思います。この条例違反以前の問題点をまとめてみました。

小出恵介へのハニートラップだったとされる17歳少女について

小出恵介さんが17歳の少女を深夜に連れ回し、18歳未満の少女に対する淫行が法に触れるとされていましたが、17歳でも『子持ち』だったという点です。そしてその17歳少女は小出恵介さんとの酒席にいた男性から夜9時以降に呼び出され、その場に合流しています。小出恵介さんは少女と初対面ですが、呼び出し人は少女が17歳だということを分かってのことなので、この人にかかる責任は重いですよね。また、示談が成立後も17歳少女は週刊誌に小出恵介さんとの示談についてのネタを提供しているので、少女を誘導している黒幕説もでました。

スポンサーリンク

小出恵介17歳少女への疑問

小出恵介さんの事件を見ていて、本人に罪はあるものの釈然としない思いがずっとありました。『大阪府青少年健全育成条例違反の疑い』という点です。17歳とはいえ彼女は母親で、子供から見たら保護者という立場にある場合にこの条例違反は成り立つのかと疑問に思った人いますよね。少女の過去のFacebook画像を見ると、妊娠中の自分の大きくなった腹を鏡に写し自撮りしている写真がありました。残念ながら現在は公開されていないですけど。大正であれ、昭和であれ、ひと昔前の女性が10代で結婚するのは不思議ではなく、女性の年齢をクリスマスケーキに例え24,5歳を過ぎたら売れなくなる的なことを言われたのはそんなに昔の話でもないです。若くして母親になった女性達は強く逞しく『母業』を全うしてきたのだとおもうのですが、この17歳少女は夜な夜な遊び歩いていたんだろうなと想像させます。乳飲み子を置いてあの時間に酒席に呼び出されているのですから。17歳の少女に対する条例違反をとうならば、この17歳少女の母親の責任も問うべきですよね。誰が夜遊び中に乳飲み子の面倒をみていたのかというのも問題ですよね。

小出恵介不起訴に思うこと

小出恵介さんが不起訴になったことで、本来なら18歳未満の少女との関係は許されないことなのですが、救われて良かったと思いました。勿論小出恵介さんがしたことは「何故」と言うことばかりでしたが、相手の少女と周りに問題を感じずにはいられなかったからです。法律って難しいと思います。一つの方向だけを見ていては真実にそぐわなくなってしまいますから。
小出恵介さん衝撃的な事件を見て襟を正そうと思った人がいれば、目を覆いたくなるような事件も世の役にたったとなるでしょうか。

スポンサーリンク


【関連記事】
小出恵介相手がフライデーについた嘘?元彼が暴く元カノからの当日LINEが激ヤバ!?
小出恵介の相手はシングルマザー(江原ほのり)17歳!【週刊文春】に語った『フライデー記事』の真相と『第2の事件』とは?

【こちらも読まれています】
紅白出場歌手発表2017直前『出てほしい歌手・出てほしくない歌手』ランキングの赤裸々な結果とは

本田真凛の父の仕事は?女性自身スクープ『お祖父様は年商20億』でバックアップ体制万全

斉藤由貴不倫【画像】夫小井延安に背信モルモン教が縁なのに?相手50代開業医との関係とは

スマステ【ご飯の友ランキング】お取り寄せ情報!中居正広お気に入り商品は?

内田理央【将棋めし】ドラマ化で気になるロケ地は千駄ヶ谷?

太川陽介モラハラ疑惑?藤吉久美子それぞれの会見で見えたものとは

伊達勝身町長【経歴・wiki風プロフィール】女性記者にわいせつ行為の『弁明会見』が有り得ない理由とは?
はしだのりひこ病気で死去の病名は?経歴・wiki風プロフィール【画像・動画】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

運営者プロフィール

東京在住の主婦です。 自分が困ったことや興味があることを自分自身の経験を織り交ぜてブログを書いています。 同じことに興味があったり悩んでいる方の参考になれば幸いです。お気軽にご閲覧下さい。

カテゴリー

アーカイブ