松吉裕太「お泊り会」見守り役が女児にわいせつ行為で逮捕!発覚した『わけ』とは?

この記事は2分で読めます

松吉裕太が小学校の「お泊まり会」で見守り役として参加しましたが、女児にわいせつ行為をしたとして逮捕されました。千葉に続いてまたスタッフとして参加した父兄が犯した犯罪はどのように発覚したのでしょう。

スポンサーリンク


松吉裕太「お泊まり会」の見守り役の犯行

見守り役の松吉裕太は「お泊まり会」で何をした?

松吉裕太は福岡市の小学校のレクリエーションキャンプで見守り役だったのですが、横になっていた女児の傍に寝て上半身を触わった疑いで逮捕されました。このキャンプは地元自治会の主催で7/22午後~23午前に実施されました。参加者は児童約140名で学校の体育館を利用して泊まり、松吉裕太はその見守り役として体育館の見回りをしていました。

警察の調べに対して松吉裕太は「触ったことは間違いないが、細かい部分が違う」と一部否認しているそうです。

松吉裕太「お泊まり会」の見守り役の犯行が発覚した『わけ』

福岡県警南署によると、キャンプ終了後の23日午後に女子児童が松吉裕太の行為について110番してきたとのことです。キャンプは23日午前で終了しているようですので、被害を受けた女子児童は家に帰ってから警察に通報したことになります。

女子児童の通報がキッカケで発覚とは意外ですよね。家に帰り親に話した末に110番したのか、女子児童自身の判断だったのか、通報に至った経緯は特に公表されていません。

キャンプ中に女子児童の異常に気付いた人はいなかったのでしょうか。女子児童は松吉裕太の行為に対してすぐに別の児童がいる所に逃げたそうですが、他の大人は異常な事態と気付かなかったのでしょうか。もっとも、まさかそんなことが起こっていたなんて予想できないですよね。

松吉容疑者のプロフィール

年齢 32
住所 福岡市南区
職業 自営業

スポンサーリンク

松吉裕太「お泊まり会」の見守り役の犯行が起きた今

 

「お泊まり会」の行く末と見守り役はどうなるの?

松吉裕太が「お泊まり会」で『見守り役』をしていたことと『強制わいせつ容疑で逮捕』と聞くと今年の初めに起きた『りんちゃん』の事件を思い出します。あの時は犯人が『PTAの会長』を努めていました。事件の大きさに違いはありますが、その怖さに違いはないですよね。事件の詳細が明確になってくれば動機なども公表されるのでしょう。

「お泊まり会」の見守り役はどうなるの?

『見守り役』は一晩とは言え、子ども達をガードする立場なのであまり眠れないと聞いたことがありますし、自治会の主催なのでボランティアでやっているので本来感謝されるべき仕事です。子どもを預かるというのは大変なことなのですし、責任あることです。
松吉裕太が逮捕されたことで今後の自治会の活動にも変化が起きるかもしれませんね。

『世話役』であったり『見守り役』は女性だけでと言う意見もでそうですが、防犯上の問題がありますよね。このようなことを考えなければならないこと自体嘆かわしいことです。

「お泊まり会」自体はどうなるの?

今後「お泊まり会」はどうなるのでしょう?このような事件が起こると、中止にしようと言う意見が出ると思います。しかし、夏休みの恒例イベントでもあり、子ども達にとっては家を離れて友達と時間を共有する楽しみな時間です。一般的にはスイカ割りをしたり、花火を楽しんだり、カレーを作ったりなども活動に入っているかもしれません。共同生活を体験できる貴重な機会でもあるわけですから存続して欲しいと思います。

おとなが子ども達に真っ当な姿を見せているからこそ、自治会で受け継がれていく良さがあり、子ども時代の楽しかった思い出が次の世代のおとな達を育てていくと思います。今回このような事件が起こってしまいましたが、おとなが襟を正し、再発を防ぐような工夫も凝らして、子ども達の夏休みの経験の機会を繋げて欲しいと思います。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

運営者プロフィール

東京在住の主婦です。 自分が困ったことや興味があることを自分自身の経験を織り交ぜてブログを書いています。 同じことに興味があったり悩んでいる方の参考になれば幸いです。お気軽にご閲覧下さい。

カテゴリー

アーカイブ