ほのかりんゲス川谷後の再起かける【動画】『ミスiD 2018』セミファイナリストに!

この記事は3分で読めます

ほのかりんが19歳の時にゲス川谷と飲酒しているのがバレて契約解除になった後再起を掛けて『ミスiD 2018』に応募しセミファイナリストに残りました。渾身の動画が気になります。

スポンサーリンク


ほのかりん『ミスiD 2018』セミファイナリスト

ほのかりんが応募した『ミスiD 2018』【動画】と思い

ほのかりんと言うとどうしてもゲスの極み川谷の顔が浮かんできます。それと契約解除になったあの1件。そんなイメージを払拭するのは難しいかもしれないけれど『ノンストップ』で見た応募動画はちょっと違う一面が見れた気がします。

ほのかりん『ミスiD 2018』に伝えた思い

ほのかりんは『ミスiD 2018』に応募するにあたり、またバッシングされるだろうと予測しつつも再起に掛ける気持ちを担当者に長文のメールで伝えたそうです。過去に自分がしてしまった失敗を随分後悔していたのだと思います。契約解除で未来を絶たれたのだから事の重大さは痛いほど感じたのは当然ですよね。

ほのかりんプロフィール

愛称 リン
生年月日 1996年10月4日
現年齢 20歳
出身地 神奈川県
公称サイズ
身長 165 cm
デビュー 2009年
ニコラ元専属モデル
Hana*chu→元専属モデル
ディズニーファン元専属モデル

スポンサーリンク

ほのかりんが応募した『ミスiD 2018』とは?

ほのかりんは『ミスiD 2018』のコンセプトに合うのかな?

ほのかりんが応募した『ミスiD 2018』は講談社主催のオーディションプロジェクトで「新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子」を探すを目的としています。

応募資格 1982年4月2日〜2006年4月1日生まれ プロ・アマ、未婚・既婚、国籍不問
応募総数 4500人
セミファイナリスト 133人
玉城ティナ・稲村亜美を輩出

数あるモデルやグラビアや雑誌の冠オーディションとはまったく違う、「世界にひとりだけの女の子」を探し、その人にあった新しいスタイルで世に出そうというオーディションプロジェクト「ミスiD」。

「ぼっちが世界を変える。」という今年のキャッチコピーのもとへ集まった、「オーディション受けることが初めて」の原石美少女や、個性派、ひきこもり系女の子。そして「プロアマ不問」のミスiDならではの「何かを突破したい」現役アイドル、女優、モデル、グラドル、そしてコスプレーヤーやダンサー、セクシー女優。OL、作家、美術家、介護福祉士、シングルマザー、ユーチューバー、トラックメーカーやゲーム制作女子、ネットで話題の美少女、体育会系から政治女子、そしてジェンダーの境にいる女子、ドールモデルまで。今年はテクノロジーの結晶ともいえるAI女子高生とバーチャルヒューマンもついに参戦。
いよいよネクストステージに入った感のある女の子天下一武道会ミスiD2018。
「アンチ・トランプ」的な単一指向でもなく、忖度に明け暮れる日本的な窮屈さからも自由に、ミスiDは多様性の海へ向かいます。

ほのかりん競争相手の『ミスiD 2018』応募者

『ミスiD 2018』は「ぼっちが世界を変える。」というキャッチコピーで「もっと新しい価値観・夢 色んなものを作り出してくれるような個性を持った新しい女の子、まだ見たことがない女の子を探すオーディション」のフレコミ通り、個性的というか不思議〜な感じのアピールが多いように思われました。

例えば「一番自分っぽい瞬間」と題してタライに入って頭からペットボトルの水を掛け『行水』する女の子、自分の髪に墨をつけて書道をする女の子、変顔でダンスしてみたり中にはパニック障害でネットばかりしていてバナー広告のお見合サイトでお見合いし結婚しちゃった子もいて、幅広く個性的な女の子が応募しているのが面白いです。

そんな中で真っ向一直線のほのかりんは逆に目立ってる感じがします。元々知名度があり、歌も気合を入れてレッスンした成果が感じられます。

『ミスiD 2018』担当者はどのように語ってるのでしょう

ほのかりんについて『ミスiD 2018』担当者は「どうせ叩かれるんだろうと言うのが本人的にはすごくあったらしくて死ぬほど怖かったって書いてあった。やっぱりセカンドチャンスが欲しいんだと思うんですよ。セカンドチャンスがちゃんと人生にはあるんだっていうのを証明したいのかな」と語っていました。

「セカンドチャンスがちゃんと人生にある」それを願って頑張って欲しいです。

まとめ

ほのかりんは契約解除されたのですから、どこにも所属していない「ぼっち」ではあるわけですね。歌い方も思いの外ビッシリしているし、アピールの口調も追い込まれた迫力を感じました。

『ミスiD 2018』に向かって走っているセミファイナリストは全員一生懸命だと思うけど、目立てば良いわけではないと思います。不思議ちゃんも心底不思議ちゃんで個性になってるのかが問われそうに思います。ファンではないけれど、動画を見てほのかりんにも頑張ってもらいたいと思えました。

『ミスiD 2018』の発表を楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

運営者プロフィール

東京在住の主婦です。 自分が困ったことや興味があることを自分自身の経験を織り交ぜてブログを書いています。 同じことに興味があったり悩んでいる方の参考になれば幸いです。お気軽にご閲覧下さい。

カテゴリー

アーカイブ