遺伝子検査とは?肥満タイプを知りダイエットや病院では保険適用される場合あり

この記事は2分で読めます

最近20代、30代の方々が致命的な病気に冒されたニュースを少なからず目にします。でも不治と言われた病気も医療技術が進歩しているおかげで将来に希望が持てるケースが多くなりました。 病気が発症する前に予防ができれば、せめて発症の確率を下げることにつながる遺伝子検査について調べてみました。

スポンサーリンク


アンジェリーナ・ジョリーさんに学ぶこと

アンジェリーナ ジョリーさんがご自分の家系に卵巣がんや乳がんで亡くなっている方が多いため将来に不安を感じ、乳母と卵巣の摘出手術をしたのは記憶に新しいです。 家系によってなり易い病気があるんですね。 

アンジェリーナさんのニュースは衝撃的過ぎて病気の怖さや治療・予防について関心を持つようになりました。

人間ドッグの問診票にも親や親戚の病歴についての質問があります。何故その項目があるのか不快に感じたことがありました。 生活も習慣も違うのに親族の病歴は関係ないのではと思っていました。 冷静に考えれば、顔・体型・声質・性格などが継承されるのと同じように体質も受け継がれているわけなので、なり易い病気も受け継がれていると考えるのは不思議ではないのですね。

顔・体型・声質・性格等は遺伝子によって受け継がれます。遺伝子って凄いです。

調べてみて分かったのですが遺伝子検査には、生まれながらに受け継いでいる体質を調べる検査と、生まれた後に起こったDNAの変化を調べる検査の2通りあるそうです。

2万5千種類の遺伝子が人間の細胞にはあり、その遺伝子の異常個所によって発症する病気が決まります。

遺伝子検査を受ければ全て分かるのでしょうか。

遺伝子検査とは?その可能性に期待

実際には病気の症状が出ている人で検査を行った場合でも遺伝子に異常が見られるのは70~80%なのだそうです。 ですから遺伝子検査に頼り切ることはできないのですが未来には希望が持てるようです。その証か、病院での血液検査による遺伝子検査の中には種類が限られていますが保険が適用されるものもあるそうです。

将来に起こり得る病気のリスクを知り、日々の生活改善に活かすことが出来たり、遺伝子の配列に異常がある部分を正常に戻すための治療もあるなど期待できる分野だと思います。

遺伝子検査の中には美容・肥満タイプなどを検査できるなど身近で気軽にできるものもあり、種類も多様な検査キットも販売されているので試してみるのも良いかなと思いました。どんなダイエットをしてもなかなか成果が出ない時など体質に合ったダイエットの方法を知るところから活用できれば嬉しいです。

食品添加物を摂らないで生活することが難しい今日、気を付けていても知らず知らずのうちに添加物を食べてしまっていたり、pm2.5のように話題になる物質が大気中に飛び回っていることで最近の若年層がガンなど重篤な病気に冒されのではないかと常ずね不安に思っていました。生活環境などの外的要因だけでなく遺伝子は更に見逃せない要因なのだと思います。私自身、両親をガンで亡くし、親戚にも同じ病気で亡くなった者が少なくないので不安に思うことも多いです。ですからこの遺伝子検査の利用によって多くの人が病気を回避したり治療できるよう多いに期待をしています。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

運営者プロフィール

東京在住の主婦です。 自分が困ったことや興味があることを自分自身の経験を織り交ぜてブログを書いています。 同じことに興味があったり悩んでいる方の参考になれば幸いです。お気軽にご閲覧下さい。

カテゴリー

アーカイブ