YOSHIKI(X JAPAN)緊急手術!バンギングで頚椎悲鳴!?医師から「まるで引退を余儀なくされたラグビー選手」今後のコンサートはどうなる?

この記事は2分で読めます

X JAPANのリーダーYOSHIKIが猛烈なドラムパフォーマンスなどで頚椎椎間孔(けいついついかん孔)狭さく症で緊急手術をうけることになりました。手術の予定と気になるコンサートの今後の予定はどうなるのでしょう。

スポンサーリンク


YOSHIKI(X JAPAN)ヨ緊急手術 ニコニコ生放送配信にYOSHIKIが電話で出演

YOSHIKI(X JAPAN )頚椎の状態は?
YOSHIKI(X JAPAN)はニコニコ生放送配信に電話で語った現在の症状は「ピアノの鍵盤も触るとビリビリする」と言う壮絶なものでした。

日本のみならず世界中を舞台にコンサートを行っていて1月にはニューヨークのカーネギーホールで東京フィルハーモニー交響楽団との共演でクラシックピアノのコンサートをこなし、3月にはイギリスのロンドンでは首にコルセットをしてライブを行いました。 音楽性は元より派手なパフォーマンスでも人気があり毎回体への負担は相当なものだったと窺えます。

主治医は「YOSHIKIは既に左手の感覚を失っている」と言っています。また「本人はこのまま続けたいと言っていましたが、症状が深刻化したため、日米のドクターと話し合った結果、このままではアーティストとして再起不能になると判断し手術する運びとなりました。」と語りました。

YOSHIKI(X JAPAN )頚椎緊急手術の内容は?
YOSHIKIは手術について「首の前を切って、しばらく声が変わっちゃう、または喋れなくなる、そういう不安もあったんですけどけどね、皆本当に心配かけて申し訳ないと思ってる」と述べました。

患部が首なので神経が集中しているので心配な箇所ですが、2009年にもYOSHIKIは頚椎椎間板ヘルニアの手術を受けているので、今回しっかり治して欲しいですね。

スポンサーリンク

YOSHIKI(X JAPAN)コンサートはどうなうる?

YOSHIKI(X JAPAN )今後の予定
ドクターストップがかかった状態なので5月の公演は全て中止です。これはしょうがないですよね。気になるのは7月に予定されている日本各地でのコンサートです。これについては術後の経過などを見てから協するようです。その次第によっては中止も有りえるようで、振替も。予定どおりに行えると良いのですが見守りたいと思います。

YOSHIKI(X JAPAN )からのツイッターメッセージ
YOSHIKIはツイッターで「今の時点では7月に予定されているX JAPANのコンサートをやるつもり」と言っています。 嬉しいけど少し心配ですね。

『女性自身』には大手レコード会社関係者の弁として、「LAの豪邸やプライベートジェットの維持費やスタッフの給与など出て行くお金があまりにも大きいのでボロボロになっても働き続けている」というように書かれていました。もっと愛のある書き方をして欲しいものです。

まとめ

X JAPAN と言えば1989年にXとしてデビューして以来28年、途中メンバーの不幸があったり休止もありで色々なトラブルを経てここまできたグループなのですから 元気で戻ってきてくれるなら、ファンは待つ位は大丈夫ですよね。YOSHIKIにはこの際じっくり休養して万全の体調にして欲しいですし、さらにYOSHIKIの音楽がバージョンアップして戻ってくるのを楽しみにしているので焦らないで治して欲しいものです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

運営者プロフィール

東京在住の主婦です。 自分が困ったことや興味があることを自分自身の経験を織り交ぜてブログを書いています。 同じことに興味があったり悩んでいる方の参考になれば幸いです。お気軽にご閲覧下さい。

カテゴリー

アーカイブ