中川俊直 重婚ウェディング・ストーカー登録で呆れた辞任!Facebook謝罪文

この記事は2分で読めます

中川俊直衆議院議員が経済産業政務官を辞任したと報じられました。中川俊直の「重婚ウェディング」と「警察にストーカー登録」されているのをスクープした週刊新潮の発売前に異例のスピードで辞任しました。Facebook謝罪文全文掲載します。

スポンサーリンク


中川俊直を追い込んだ週刊新潮のスクープ

中川俊直が週刊新潮に女性問題をスクープされ発売前に辞任しました。既に中川俊直の後任も大串氏に決まっており、このスピードの速さにスクープの重大さを予想できます。

中川俊直が政務官を辞任に追い込まれた週刊新潮の予告文

週刊新潮がどのような予告をしたのか予告文を見てみます。

[中川俊直が政務官辞任へ。今週発売の「週刊新潮」不倫報道を受けてでしょう。
また週刊誌の不倫ネタかよと思われるかもしれませんが、重婚ウェディングまでした愛人と揉め、現職議員が警察に「ストーカー登録」されてしまったという前代未聞です。]

重婚ウェディングとは言葉のままに受け止めると「既婚者でありながら愛人と結婚式を挙げた」ということで、これだけでも呆れますがそれに加えて「ストーカー登録」されているので、愛人に愛想をつかされても執拗に追いかけたという醜態を演じたのでしょう。
衆議院議員 広島4区:2回当選の中川俊直とはどんな人物なのでしょう。

中川俊直の経歴

中川俊直は祖父の代から政治家で中川秀直元自民党幹事長を父親に持つ「三代目議員」として有名です。中川俊直の経歴を調べてみました。

1989 日大鶴ヶ丘高等学校卒業
1993 日大文理学部社会科卒業
1993 テレビ東京入社
   (スポーツ局記者・報道局政治記者として勤務)
2001 テレビ東京退社
(12年間父親の秘書を務める)
2012 父親の地盤を引き継ぎ、衆議院議員初当選
2016 経産政務官に就任
2017.3 FOCUSに「自民党・前川恵議員との真夜中の密会」報道
2017.4 週刊新潮に「重婚ウェディング」「警察にストカー登録」報道予告を受け、経産政務官を辞任

中川俊直 Facebook謝罪文

中川俊直が経済産業政務官を辞任するにあたり Facebookに謝罪文を載せています。

心よりお詫び申し上げます。
本日、一部週刊誌に掲載される予定の記事をめぐり、経済産業大臣政務官の辞表を提出しました。
多くの関係者の皆様に対して、心よりお詫び申し上げます。
家族がありながら、会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。すべて私の不徳の致すところであり、言い訳のしようがありません。誠に申し訳ございません。
妻にたいしては、昨年末、私からすべてを説明し、本当に申し訳ないことをしたと詫びました。それから時間をかけて話し合い、信頼回復に向けて共に歩もうと話してくれました。
今後は、ご迷惑をお掛けしたすべての方にお詫びを申し上げていきながら、精一杯努力して参ります。これまで私を支えて頂いた方々に対し、心よりお詫び申し上げます。
平成29 年4月18日    中川俊直

スポンサーリンク

まとめ

中川俊直の奥様は高校の陸上部のマネージャーで年は1歳下です。高校生の時に知り合った奥様と結婚しお子様3人と聞くと、中川俊直はとても一途で誠実な方のように思えますがとんでもないです。
2017年3月には「FOCUS」に今回の「重婚ウェディング」で話題になった女性とは別の女性国会議員である自民党・前川恵との不倫疑惑を報道されています。何故こんなことになってしまうのでしょう。誠実さの欠片も感じません。ここで思い出されるのは中川俊直の父親の中川秀直も女性問題が元で自民党幹事長の座を失っています。残念なことですが、”血”がなせる技といわれても仕方がないですね。
Facebookに載せていた中川俊直議員の座右の銘「謙虚懸命」って何だったのでしょうね。
中川俊直を辞任に追い込んだの新潮にはどんな記事が載るのでしょうか。また続報をお知らせします。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

運営者プロフィール

東京在住の主婦です。 自分が困ったことや興味があることを自分自身の経験を織り交ぜてブログを書いています。 同じことに興味があったり悩んでいる方の参考になれば幸いです。お気軽にご閲覧下さい。

カテゴリー

アーカイブ