Taco Bell(タコベル)青山骨董通り店のお店情報とメニューについて調べてみました。

この記事は2分で読めます

Taco Bell(タコベル)青山骨董通り店が開店して1年に近づいてきたので行ってきました。最新のお店情報とメニューについて調べてみました。

スポンサーリンク


青山骨董通り店

最新情報

お店の前に4月3日(月)から営業時間が平日9:00〜22:00に変更になるとの張り紙がありました。

出社前や登校前に「タコベル青山骨董通り店」で朝ごはんを食べていこうと思っている方は注意して下さい!

お店の雰囲気

青山通りから骨董通りに入って約徒歩1分のビルの2階に有り、店内はそんなに広くはないのですが落ち着いたアメリカンな雰囲気です。アメリカ発祥のお店だけあって外国人のお客様も数人いました。お店の方はフレンドリーに対応してくれて居心地が良かったです。お昼ご飯が終わった午後2時頃に行ったので空いていました。

メニューとオーダー

[タコスオーダーのポイント]
・タコスの皮を選ぶ
ハード(=クランチータコ)
ソフト(=ソフトタコ)

・肉(タコスにかけるひき肉)
「ビーフ」・「ポーク」・「チキン」からを選ぶ
メニューには「ビーフ」と「ポーク」と書いてありますが、お店の方に伺ったら「チキン」も選べるそうです。

・辛さ
「ホット」「ミディアムホット」「マイルド」
お好みの辛さを伝えましょう。

[セットメニュー]
ポテトかチップスが選べ、ドリンクバーがつくのでお得です。
例えば「2タコス」に[1TACO(単品¥270) + 1TACO SUPREAM(単品¥320)]の場合
(*価格は全て税抜きで表示)

「SUPREAM」て何?

「サワークリーム」+「トマト」が付加されるのをSUPREAMと呼びます。

「2タコス」セットの場合 ドリンクバーとサイドメニューが付いて¥790です。

「ブリトー」や「ファヒーダケサディ」「クランチラップ」など
基本的にはどれもソフトな皮に肉・レタス・トマト・チーズが巻かれています。これらの具がご飯のっているのはタコライスです。
どれもセットにしても¥1000弱です。 

その他ポテトやナチョス・サラダ・ソフトクリームなどのサイドメニューもあります。

今回は日本特別メニューのタコライス(単品¥530)を食べてみました。メキシカンライスの上にレタス・トマト・ひき肉・チーズがのっていて、思ったよりサッパリしていました。

スポンサーリンク


お得な火曜日

火曜日の14:00〜18:00はビーフクランチータコ¥270(税抜き)→¥190(税抜き)になるそうです。

まとめ

チーズやメキシカンが恋しくなると「タコベル」の存在がお店の選択肢の1つになりました。アメリカで食べた味を求めてやって来る外国人やアメリカでの味を知っている人にはちょっと味もボリュームも物足りなく感じるかもしれません。タコライスがメニューにあるのを見ても日本人向けにアレンジされている部分の存在を感じます。本場の味そのものとは少し違う気がします。
お店の雰囲気は良く居心地も良いので次回はお得なプランを利用しようと思いました。
タコベルのアプリがあるので予めそれを見てセットメニューを選択したり、お得情報を仕入れておくと良いかと思います。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

運営者プロフィール

東京在住の主婦です。 自分が困ったことや興味があることを自分自身の経験を織り交ぜてブログを書いています。 同じことに興味があったり悩んでいる方の参考になれば幸いです。お気軽にご閲覧下さい。

カテゴリー

アーカイブ