食パン・ フランスパンの残り物で作る簡単レシピで子どもも大好き

この記事は2分で読めます

フレンチトーストやパンプディングだけでなくキッシュを残ったままの食パンや固くなったフランスパンを利用して作っています。これが我が家ではなかなか人気でこのキッシュを作るために逆にわざわざパンを用意することもあります。

パイ生地を使わないので本格的な作り方ではないけれど簡単に出来るキッシュです。私も作ってみました。

食パン・フランスパンの残り物で作るキッシュの簡単レシピ

<材料>

4個
生クリーム 150cc
玉ねぎ 1/2個
ベーコン 120g
ピーマン 1個
マッシュルーム 4個
パルメザンチーズ 大匙 1
ピザ用チーズ 適宜
少々
コショウ 少々

<作り方>

1. 容器にオリーブオイル(又はサラダオイル)を薄く塗る。

2. 容器の高さより低めにパンを切り容器の周りに並べ底にも敷く。

3. 玉ねぎ・ピーマン・マッシュルームは薄切りにする。 

  ベーコンは細く切る

4. 2を炒めさましておく

5. 全卵をよく混ぜ、生クリームを加え塩・コショウを加える

6. 5の半量をパンを敷き詰めた容器に回しかける。

7. 6の残りと冷ましてある具を混ぜ合わせ前の容器に流し入れピザ用チーズをのせる。

8. 220度のオーブンで25分焼く。

(注意)壁になっているパンに卵がしっかり浸みているとより美味しいです。

(注意)オーブンによって火力に差があるので焼き時間・温度は様子を見ながら作ってください。

18cmの角型で作っていますがどんな形でもパンを敷いて壁を立てて作れます。

このキッシュの良いところは具材に残っている物や、その時々で食べたい物に変えても美味しいところです。ベーコンの代わりにウインナーを茹輪切りにした物を入れてもおいしいです。また、アボカドやシーフードを入れるのもおいしいですし、具と卵・生クリーム混ぜ合わせたものにパルメザンチーズを混ぜ合わせるとこくが出ます。

野菜や肉類など水分が出る物は炒めた後に軽く水分を切っておくと良いかと思います。卵が固まりにくくなることもあるのでこの点だけ注意です。

切り分けたキッシュの隣にベリーリーフとミニトマトを盛り合わせて飾り付けても可愛いですし、ココット皿に食パンを敷いて具入りソースを流し入れても焼くのも素敵です。中に入れる具を変えて味を楽しむこともでき、また焼型の容器の形を変えるだけでも変化ができ何かと楽しめます。

食欲が落ちる暑い夏の日でもこれなら美味しくいただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

運営者プロフィール

東京在住の主婦です。 自分が困ったことや興味があることを自分自身の経験を織り交ぜてブログを書いています。 同じことに興味があったり悩んでいる方の参考になれば幸いです。お気軽にご閲覧下さい。

カテゴリー

アーカイブ