淀川聖司逮捕! 仙台地方裁判所で判決中傍聴人をカッターナイフで切りつけ!障害事件に発展した今回の裁判の罪状とは?

この記事は3分で読めます

16日10時過ぎ淀川聖司が仙台地方裁判所で判決の言い渡し中、傍聴していた警察官2人をカッターナイフで切りつけ、現行犯逮捕されました。切りつけ事件の内容や今回の裁判の罪状は何だったのかについてまとめます。

スポンサーリンク


淀川聖司 仙台地方裁判所傍聴人カッターナイフ切りつけ事件

淀川聖司カッターナイフ切りつけ全容

淀川聖司(30)は6月16日10時15分 仙台地方裁判所で判決の言い渡し中に後ろを振り返り、柵を乗り越え、傍聴席にいた警官2人にカッターナイフなどで切りつけ怪我を負わせました。淀川が襲いかかった警察官にその場で取り押さえられ現行犯逮捕されました。

『懲役1年』の実刑判決を受けた淀川聖司は判決理由の朗読中に、上着のポケットから凶器となったカッターナイフや果物ナイフを取り出し、後ろを振り返り柵を乗り越え傍聴席にいた警官2人を切りつけ1人は顔、もう1人は腹と背中に怪我を負わせました。この時「でたらめ裁判だ!」「この腐った司法制度が!」などと叫んでいたそうです。

淀川聖司は殺人未遂の疑いでその場で逮捕され、負傷した警察官2名は意識があり命に別状はないとのことです。事件後法廷にはカッターナイフと果物ナイフが落ちていたそうです。淀川は持ち物検査を受けておらず、上着のポケットに5本の刃物を持ち込んでいたとのことです。

法廷で傍聴していた男性がその時の様子を話しています。
「最後に判決が言い渡されたあとに被告の男が急に刃物を持って振り向いて、いきなり傍聴席に襲いかかってきた。当時、15人から20人ほど傍聴していたと思う。狙っていたのが警察官かどうか分からない。あまりに驚いて放心状態になってしまった。切りつけられたのが誰なのかはっきり分からなかったが、頭や首のあたりを切られたようだった」と話していました。

また淀川聖司の様子について
「入って来た時から相当おかしかった。落ち着きがなくて目がすわっていた」
「刃物を取り出して傍聴席の方を向いて刺して暴れたという感じだった」
「(淀川が)なんかをわめいて、『この野郎待て』と警察官が言って、怪我した2人が取り押さえた」
など現場にいた方々からの証言がありました。

裁判所に入ると時に持ち物検査はないのですね。保釈になっていたと言うことは凶悪ではないという認識もあったのでしょう。
尚、最高裁判所によりると、仙台地方裁判所には持ち物を調べる金属探知機は設置されていないということです。
また今回の事件を受け仙台地裁は『誠に遺憾 被害者にお見舞い申し上げるとともに再発防止に努めたい』とコメントしています。

淀川聖司の裁判の『罪状』は何だったのでしょう?

淀川聖司の今回の裁判の罪状は『迷惑防止条例違反』『盗撮』です。
2017年1月20日仙台市宮城野区内の駅のホームで、カメラ付き携帯電話を女子高生のスカートに後ろから入れての下着の盗撮をしたというものです。2017年2月に起訴され保釈になっていました。裁判で下された判決は懲役1年の実刑となっています。
現在淀川は取り調べに対して黙秘しているそうです。

事件ごとに刑の重さに違いがでるのでしょうが、他にも犯罪を犯していたのでしょうか?
傍聴人にカッターナイフを向けて襲いかかって行く時に叫んでいた「でたらめ裁判だ!」「この腐った司法制度が!」という言葉が少し気になります。今回の判決に繋がる過去があるのでしょうか?

スポンサーリンク

淀川聖司の現在と過去

淀川聖司の前科はある?

淀川聖司は現在、住所不定で無職だったそうです。カッターナイフで襲いかかったのは裁判の判決に対する不満のアピールなのでしょうか? 調べていくと以前にワイセツ行為の前科がありました。2011年10月12日、JR奥羽本線北山形―高擶間を走行中の列車内での事件です。懲役2年の実刑判決が下っています。
判決に関する記事がありました。

2013/05/25(土) 01:17:02.27 ID:+ayCTCDF [1/1] AAS
列車内で女子高校生にわいせつ行為をしたとして、強制わいせつなどの罪に問われた山形市鉄砲町1丁目、無職淀川聖司被告(26)の判決公判が23日、山形地裁であり、矢数昌雄裁判長は懲役2年(求刑懲役2年6月)の実刑を言い渡した。
矢数裁判長は判決理由で、被害者の衣服に付着した体液と被告のDNAの型が一致したとする鑑定結果の信用性を認め、「混雑で動けず、羞恥心から容易に抵抗できない被害者に対し、3分間にわたって行為に及んだ」と強制わいせつ罪の成立を認定。
被害者の証言を「具体的かつ迫真的である」とする一方、犯行時間帯には自宅に居たなどとする被告の主張は「駅の防犯カメラで確認されている」と退け「不合理な弁解に終始し反省は見られない」と述べた。
判決理由読み上げの最中に不規則発言し、裁判長から注意された淀川被告は閉廷後しばらくの間、係官に促されても椅子から立ち上がらず、「納得いきません」と不満をあらわにした。
起訴状などによると、淀川被告は2011年10月12日、JR奥羽本線北山形―高擶間を走行中の列車内で、女子高校生に体を密着させ、露出した自分の下半身を触って自慰行為をし、体液を付着させたなどとしている。

この時の判決にも不満を感じているようですね。しかし、防犯カメラの映像に犯行時間に駅にいた姿が確認されているし、本人の主張したその時間に自宅にいたという事実は認められていないですし、状況証拠もあるので冤罪とは考えられないですよね。

まとめ

カッターナイフで切りつけ事件にまで発展してしまった今回の1件は、最近取りざたされている痴漢の冤罪とはかけ離れています。判決のたびに「納得がいかない」と主張する真意はなんなのでしょう。過去の事件も今回の裁判に至った件も証拠がしっかりしているので反論の余地がどこにあるのか分かりませんが、納得いかないならば弁護士をつける権利も与えられているのですから暴力を使わずとも抗議できたのではないでしょうか。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

運営者プロフィール

東京在住の主婦です。 自分が困ったことや興味があることを自分自身の経験を織り交ぜてブログを書いています。 同じことに興味があったり悩んでいる方の参考になれば幸いです。お気軽にご閲覧下さい。