渡辺祐介(日本医科大学)の動機はまたもや彼女!被害者歯科医師との関係は?

この記事は3分で読めます

渡辺祐介は日本医科大学の医学部生で東京医科歯科大事件の動機は女性を巡ってのトラブルだった。またも女性トラブル!事件全容と被害者との関係と犯人渡辺祐介について調べました。

スポンサーリンク


渡辺祐介日本医科大学学生 医学生が起した東京医科歯科大事件

渡辺祐介日本医科大学学生 犯行その時東京医科歯科大で何が起こった?

渡辺祐介は日本医科大学学生で、5月9日午前10時45分頃、東京都文京区湯島の東京医科歯科大学付属病院に白衣を着用し、牛刀(刃渡21cm)とペティーナイフ(刃渡15cm)を持って被害者となった非常勤医師のいる診察室に入りました。

診察を待っていた患者によると「『てめえ 何てことしてくれてんだよ!』と叫びその直後すぐに何か物がたおれたような音がきこえまして、女性の方が『キャー!嘘でしょ』という声が聞こえた」と語りました。

被害者の様子について「被害者は急いで(ストレッチャー)に乗せられて運ばれていったが顔が見えないくらいガーゼが・・・何回か切りつけられたのかなと」と搬送される被害者の様子を語る声もありました。

渡辺祐介は事件があった東京医科歯科大学の学生ではなく、日本医科大学の学生で白衣を着、廊下から診察室に入ってすぐ被害者に襲いかかり周りの医師たちによって取り押さえられました。警察官が来た後は逆らうことなくおとなしく歩いて行ったそうです。

警視庁富士見署によると、被害者は東京医科歯科大の非常勤歯科医師(41)の男性で左脇腹や胸を刺され全治3週間の重傷でした。
渡辺祐介は犯行は認めているものの殺意については否認しているそうです。しかし、白衣を着た上で複数の刃物を用意しての犯行なのでそれが認められるかは疑問となるところです。

渡辺祐介日本医科大学学生と被害者の関係

渡辺祐介は被害者とは「前から知っていた」「個人的な付き合いだ」と供述し容疑を認めているそうです。渡辺祐介は女性と同棲していて、この女性と被害者がなんらかの関係があり、女性を巡ってのトラブルだったとのことです。

渡辺祐介は犯行現場となった東京医科歯科大から数百メートル離れたマンションで1LDKで家賃は15万円の部屋で同棲していていました。
この女性に任意の事情聴取をしたそうですが「被害者のことは一切お話したくないです。」と歯科医師との関係については話していません。渡辺祐介の同居女性と歯科医師との関係がトラブルの原因となっているのは明白なので、被害者となった歯科医師との関係も明らかにせざるを得ないでしょう。

被害者となった歯科医師の評判

今回被害者となった歯科医師についての評判を日刊ゲンダイが載せていました。
・ イケメンでお金持ち、女性によくモテた。
・ 若い頃から女性関係が派手でそれを疎ましく男も少なからずいた。
これ以上の詳細はまだ分かっていませんが、結局「歯医者、イケメン、お金持ち」という、絵に描いたような嫌な構図が浮かんできます。

スポンサーリンク

渡辺祐介(日本医科大学)ってどんな人?

渡辺祐介(日本医科大学)の経歴

生年月日:1997.2.25
身長175cm 
体重 64kg
日本医科大学アイスホッケー部
専修大学付属松戸高校卒

渡辺祐介(日本医科大学)の評判

渡辺祐介は2010年日本医科大学入学ですが、大学内では留年が多いことで有名だったそうです。一旦は大学を離れたようですが、復学を認められ再度医学の道を目指していたところだったようです。

人柄は穏やかで部活動の勧誘時も優しい印象だったということで、1ヶ月前に会ったという学友もいつも通り優しかったとインタビューに答えていました。

まとめ

またもや優秀な学生の女性を巡っての事件が起きてしまいました。 この事件をニュースで見て数年前に起きた弁護士を目指していた学生が起した事件を思い出しました。どちらも真面目に勉強してきたからこそ入学できる大学の学生で、目指している目標も大きく学びの途中で起きた事件でした。もう一つ大きな共通点はどちらも大切にしている女性がいて、恋敵が今回は医師として、前回の事件では弁護士としてある程度の成功を納めている人だったというところです。学生という志半ばの状態で女性と同居や結婚というのは不要と言う考えもあるかもしれませんが、それはそれとして、同居していた女性はどのように思って一緒に生活してきたのだろうかと考えてしまいます。目標に向かって頑張っている学生を応援しながら一緒に暮らしてきたのでしょうが、医師として、弁護士として世の中で活躍している男性の姿に魅力を感じてしまったのでしょうか。 勿論どのような理由があるにせよ今回のような殺人未遂は侵してはいけない重罪です。人生うまく行くことばかりではないし、男女間のことも理屈通りに納得いかないことがあったり辛いこともあるけれど、初志貫徹して欲しかったと思い残念です。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

運営者プロフィール

東京在住の主婦です。 自分が困ったことや興味があることを自分自身の経験を織り交ぜてブログを書いています。 同じことに興味があったり悩んでいる方の参考になれば幸いです。お気軽にご閲覧下さい。

カテゴリー

アーカイブ