波多野愛子【動画】准看護婦が睡眠導入剤を同僚の飲み物に入れた瞬間の衝撃映像!こうして薬物は混入された。

この記事は3分で読めます

 波多野愛子は老人ホームで働く准看護婦でしたが同僚の飲み物に睡眠導入剤を入れ交通事故を起こさせて殺害しようとしました。薬物混入時を捉え証拠となった【動画】と共に調べます。

スポンサーリンク


波多野愛子 准看護婦の睡眠導入剤を使った犯行

波多野愛子【動画】睡眠導入剤を混入の瞬間

波田野愛子容疑者は准看護婦として千葉県印西市の老人ホームで働いていました。車を運転して帰る同僚に睡眠導入剤を入れたお茶を飲ませ、交通事故を起こさせ殺害しようとした疑いで逮捕されています。

今回の【動画】は波田野愛子容疑者に疑いを持った同僚が、飲み物に薬物を流し入れた瞬間を録画したものです。6月15日にスマートフォンを自分の飲み物に合わせ犯行の瞬間を撮影しました。この【動画】と共に波多野愛子が白い液体を流し込んだ飲み物は警察で分析され、睡眠導入剤が混入された証拠となりました。

衝撃の瞬間を捉えた【動画】ですね。波多野愛子容疑者が飲み物が置かれている所に立ってササッと流し入れているところがしっかり写っています。スマホで撮影した職員は「恐怖で体が震えました」と話しています。この職員は30代女性で、持参した飲み物に波多野愛子容疑者が液体を混入するところを2日間に渡り他の職員などが目撃していたので忠告を受けていたそうです。そこで離席する前にスマートフォンを飲み物が映る位置にセットし、あの犯行の瞬間が撮影されました。狙われていたなんて恐ろしいです。

今年5月波田野愛子が同僚の女性(69)が帰宅するために運転するのを分かった上で、睡眠導入剤入りのお茶を飲ませた犯行は交通事故に至り、命にこそ別状はありませんでしたが怪我を負っています。1歩間違ったら大変なことになっていた事件です。運転となれば同乗者や対向車もあるのですから非常に危険な状態だったと言えます。この時被害に合ったのはご夫婦でしたが、これだけでなく他にも余罪があるようです。

波多野愛子 准看護婦に睡眠導入剤を混入された被害者

波田野容疑者は警察の調べに対して睡眠導入剤を入れたことは認めています。准看護婦なので薬の取り扱いは任されていたのでしょう。調べによると老人ホームで働く【職員13名のうち5名】がめまいや急激な眠気を感じたことがあると答えていました。

今年2月5日、同じ老人ホームの職員(60)が運転中に同様な状態で事故に合い,対向車と正面衝突して亡くなっています。これも波多野愛子容疑者の手によるものではないかと嫌疑がかかっています。

職場で一緒に働く同僚を次々にターゲットにしていった様は心底恐ろしい限りです。信頼している仲間がお茶をすすめてくれたらその心遣いをありがたく思うものですが、迂闊に飲んではならない人間関係が知らない間にできてしまっていたのですね。

波多野愛子 准看護婦の犯行動機とは?

波多野愛子の犯行動機は警察で取り調べ中ですが、同僚からは動機と結びつきそうな証言が出てきています。
・事故に合った女性は職員に優しくされていたから波多野さんが妬んだのかも

サンケイ新聞によると、波多野愛子は取り調べで以下の趣旨の発言をしているようです。
・施設内で嫌がらせを受けていた
・1部の同僚を妬んでいた

波多野愛子の犯行の動機の根底には『妬み』がありそうですね。
警察の取り調べでの供述に注目したいと思います。

スポンサーリンク

波多野愛子准看護婦プロフィール

波多野愛子(はたのあいこ) 
年齢 71
職業 准看護婦(老人ホームで勤務)
住所 千葉県印西市

波多野愛子容疑者はこの数年間に千葉県印西市でいくつかの老人ホームで働いていたそうです。ベテランの准看護婦で、人当たりも良く、優しい人と言う印象があったそうです。そんな人がと思うと他人が信じられなくなってしまいます。心の闇を感じます。

かつて2年程働いていた老人ホームの従業員によると、波多野愛子は人間関係に大きな偏りがあり、好きな従業員には弁当や洋服を買ってあげるなどしていたが、嫌いな従業員に対しての対応に開きがあったとのことです。

まとめ

スマートフォンの性能が上がり、画質もよくなり利用方法も便利になりました。面白動画を撮ってYoutubeにアップしたり、子どもの成長記録を撮ったり、多種多様な使途が望めます。スマートフォンを使う人の『人となり』によって随分利用法も左右されているのだなと痛感します。今回のように自然なかたちで【証拠動画】を取ることができるようになったのですね。

この事件のように知らぬ間に『人間関係が破綻』していることがあるのですから、身を守るために【動画】が使われたのは時代を映し出していることの1つです。最近では利用法に首を傾げたくなるようなものもあり、個人情報の暴露に利用されるのは見ていて気持ちの良いものではありませんが、今回のように犯罪の『証拠』となったなら有効な利用方法と言えます。波多野愛子容疑者は睡眠導入剤を混入させたことを認めていますし、証拠もあるので1連の事件が早く解明され終息するのではないでしょうか。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • りょうようちゅう
    • 2017年 7月13日

    波田野 準看護師の件で気付いたが、どんな仕事も1人で重責の担当は基本的に絶対止めた方が良い。前は和菓子の老舗の仙波吉兆?やワタシの七十過ぎの会社役員だった母も多忙だからかイキナリ壊れたからだ。重い仕事ならソレダケ負荷も掛かるし年齢の問題も有る。タオルを投げる兆候すら難しいし、だがワタシは出来ないと思ったら頑なに放棄するのを学んだ。例えばお金を貯めるには使わない事だ!!と守銭奴の方が言っていた事の様に偏執であろうが、迷惑を掛けない、と言う事で今は住む場所は与えられてる無職状態で正念場では有るが。

スポンサーリンク

運営者プロフィール

東京在住の主婦です。 自分が困ったことや興味があることを自分自身の経験を織り交ぜてブログを書いています。 同じことに興味があったり悩んでいる方の参考になれば幸いです。お気軽にご閲覧下さい。

カテゴリー

アーカイブ